ホーム - 館長が伝えたいこと - 掲示板と記帳 - 資料集 - 写真資料集 - 質問と回答集 - 投票 - リンク集

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
海外サイト相互リンク

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 飛行機について

目次


訓練中及び任務において搭乗された飛行機は、どのようなものだったのでしょうか?
基地ごとに多くの種類がありますので、ここでは木更津基地の場合です。
・艦上攻撃機 流星改 (最新型であり最後の艦攻機)
・電撃兼用で20ミリ銃2丁、13ミリ銃1丁を備え空中戦能力をもった実用機として、当時の期待は大きく、速度・機動性では世界の一級機。
(エンジンは空冷式複列星型18気筒、4枚プロペラ)
特攻任務の時、航空機の燃料は、満タンにされていたのでしょうか?
当時燃料は血の一滴でしたので、特攻機の燃料は片道分しか搭載しません。
そのため出撃し、故障等のため途中引き返しても燃料切れで不時着したものが殆どです。
特攻任務の時、機銃弾は搭載されていたのでしょうか?
すべての機に搭載されています。
特攻といっても、艦上攻撃に入る前に空中戦も考えられます。
航空機の整備部品の補給は、十分だったのでしょうか?
木更津の場合は最新型「流星」だったので比較的ありました。
しかし、新鋭機といえども当時は学徒動員された女学生たちが部品を作っていたので、当然欠陥個所も多く故障機が多かったのも事実です。これも基地によって、機によって違いがあります。
外地の基地では部品どころか、飛べる飛行機そのものがない状態でした。
特攻任務の時は、4〜5機の編隊で出撃したと聞いていますが、どうだったのでしょうか?
最初は、3機で1小隊、2小隊で1中隊、2中隊で1大隊でした。その後、戦闘機のみ、1小隊4機となったのです。作戦によって隊の数に関して、指令が出されたそうですが、ほとんどが1小隊でした。しかし、終戦間際では単機及び2機のみの出撃があったり、1人のみで特攻出撃し戦死した者多数おります。
乗員二人の方の任務は、どのような分担だったのでしょうか?
前席一人は操縦員
・操縦しながら偵察員の指示に従って行動する。
・敵と遭遇した場合は20ミリ機銃二丁で応戦する。
後席一人が偵察員(機長)
・機長であり、航法によって自機の航路を指示する。
・敵と遭遇した場合は13ミリ旋回機銃で応戦する。
・基地との連絡(無線は後席に設置)
任務中、基地との無線連絡はできたのでしょうか?
偵察員が常に行います。
出撃の時、どのような爆弾を搭載したのでしょうか?
搭載した爆弾は、機種により異なります。
流星艦攻爆   80番(800キロ)
零戦闘機    25番
彗星艦爆機   50番
銀河艦爆機   80番
一式陸攻    80番
九六、九九艦爆 25番
爆弾を搭載した場合、飛行状況及び最高速度には、どの程度の影響を受けるもの なのでしょうか?
通常、時速500キロの速度ですが、ここから約2割ほど落ちます。やはり、すべてにおいて飛行性能が若干落ちるようです。
出撃の時、護衛の戦闘機はあったのでしょうか?
以前はあったそうですが、終戦間際(昭和20年4月沖縄に米軍が上陸した当時から) の特攻の時はまったくありませんでした。
木更津基地の任務や存在した航空機はどのようなものだったのでしょうか?
【木更津基地の任務】
 東京防衛(帝都防衛)

【存在した航空機】
 艦上偵察機(彩雲)
 局地戦闘機(紫電・雷電)
 夜間戦闘機(月光)
 艦上爆撃機(彗星)
 艦上攻撃機(流星・九七艦攻・天山)
 陸上爆撃機(銀河)
流星とはどのような飛行機ですか?
流星は戦闘機ではありませんが、空戦性能が優れており、艦爆では出来ない宙返りや失速反転、上昇反転、クイックロール等が出来るすばらしい飛行機でした。しかし、生産機数は僅か100機足らずでした。
流星は艦攻(1トンの魚雷を搭載できる)と艦爆機です。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
monck
投稿日時: 2009-9-13 3:40  更新日時: 2009-9-13 3:40
A
登録日: 2009-9-13
居住地:
投稿数: 1
 名簿
そちらでは、予科練卒業生の全員の氏名と卒業期は把握されているのでしょうか?

私は、父親と叔父が、予科練出なはずなのですが、父親は私が一歳未満で他界し、母親も予科練時代の事は、曖昧でわかりません。

叔父は、父が教官時代の予科練生だったようですが、こちらも、詳しいことを語らない内に他界してしまいました。

大変、個人的な質問で申し訳ないのですが、メールで問い合わせたかったのですが、アドレスがどこにも見当たらなかったので、ぶしつけながら、こちらから問い合わせした次第です。
予科練の群像

【元少年航空兵の記録】
生き残った元少年航空兵本人執筆による貴重な証言の数々。当時何を思って予科練に入隊したのか?
定価:2000円(送料無料)
下のメールより申し込み下さい。
管理人お勧めの本