ホーム - 館長が伝えたいこと - 掲示板と記帳 - 資料集 - 写真資料集 - 質問と回答集 - 投票 - リンク集

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
海外サイト相互リンク
予科練とは

予科練とは、海軍飛行予科練習生、即ち、少年航空兵のことである。
この制度が出来たのが、昭和5年6月1日で、第1期生79名は、全国より5,800名の志願者から厳選され、横須賀海軍航空隊に入隊しました。
その後、昭和14年3月には霞ヶ浦湖畔に移り、大東亜戦争が始まるや、航空兵の増員が急務となり、練習航空隊ができたのです。(土浦・三重・小松・松山・三沢・清水・宝塚・滋賀・西宮・奈良・高野山・岩国・倉敷・美保・宇和島・浦戸・小富士・福岡・鹿児島)

そして予科練習生は優れた搭乗員としての人間形成と、鉄石の訓練をものともせず、航空兵としての実力を身につけました。
昭和12年8月14日、中国本土に孤立する居留民団(日本人)を救助するため、暗夜の荒天を衝いて敢行した渡洋爆撃にその初陣を飾って以来、予科練を巣立った若人たちは多くの偉勲を重ね、太平洋戦争では名実ともに日本の航空戦力の中核となり戦ってきました。しかし戦局は悪化し、敵が本土に迫った時、全員特別攻撃隊員となって、一機一艦必殺の体当りを決行したのです。名も命をも惜しまず何のためらいもなく、ただ国を救うことのみに無限の未来を秘めた蕾の花の生涯を、祖国防衛のために捧げたのであります。

創設以来終戦までの予科練の歴史は僅か15年3カ月に過ぎませんが、祖国の繁栄と同胞の安泰を希ふ、幾万の少年たちが全国から志願し、その予科練卒業生の8割が未曾有の国難に殉じて散華したのです。



資料館(平和の館)の意義

戦後半世紀を過ぎても特攻隊員の体当たり攻撃で戦死された戦友のことを思うと、今でも胸の痛みを感じて仕方がありません。

私は当時、攻撃第五飛行隊員として、木更津海軍航空隊基地で連日沖縄方面に、又本土近海までやってくる敵機動部隊に対し、必中攻撃を行っていました。そして昭和20年7月25日、我が飛行隊も全員特別攻撃隊員を命ぜられ、終戦の8月15日まで、第4次に亘り特攻攻撃をかけ、32名もの戦友を失いました。

僅か20才前後の青年達が、祖国と肉親の安泰を祈り、いさぎよく死んでいったその崇高な精神、犠牲の極致、又人としてのなし得る最大の奉仕をされた、帰らぬ君等2534名の特攻隊員と、予科練戦没者の遺徳を後世に正しく伝えたいのです。

この悲惨な戦争を二度と繰り返さないために、我々生き残った者の勤めとして、遺書、遺品と予科練に関する資料を一堂に集め、その供養をすると共に、多くの人々に観ていただくことを願っております。そして次代をになう青少年の育成に役立てば、又世界の恒久平和を希求し散華された多くの同窓の御霊も必ず喜んでくれるものと思い、此処に予科練資料館、平和の館を作りました。
(昭和63年8月14日、大分県大分市の自宅地下に開設)

【神風特別攻撃隊第七御盾隊流星部隊】
昭和20年4月29日攻撃第五飛行隊々員は香取基地の指揮所前で記念撮影を行った。本土から特攻隊の出るようになったころであったが、最新鋭機(流星)部隊として、正攻法の決戦部隊たるべく猛特訓をつづけていた。四列目右より7人目、川野兵曹



館長 川野喜一(かわの きいち)
大正15年2月大分郡挾間村鬼瀬に生まれ。昭和17年5月土浦海軍航空隊へ入隊。乙飛18期生として航空兵の道を歩む。三重空、高知空を経て、20年1月攻撃第五飛行隊の國分基地での再編成に参加。香取空から流星艦爆隊員として木更津基地へ転進し、帝都防衛に就き、7月25日ついに特攻隊員となる。
現在は予科練雄飛会大分県支部事務局長。
プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
予科練の群像

【元少年航空兵の記録】
生き残った元少年航空兵本人執筆による貴重な証言の数々。当時何を思って予科練に入隊したのか?
定価:2000円(送料無料)
下のメールより申し込み下さい。
管理人お勧めの本